… 吉成ミニテニス同好会 へ ようこそ …

Home吉成MTC練習&行事予定デキゴトロジー仲間たち

 

古城体振ミニテニス部のご紹介

 

 

 

古城体振ミニテニス部

副部長 阿部島信子

(仙台市ミニテニス協会5周年記念誌より)

仙台市ミニテニス協会創立5周年、おめでとうございます。心からお祝い申し上げます。

思い起こせぱ、平成7年の3月頃だったと思いますが、古城小学校の体育館で小野しづゑさん(故人)や、古城体振会の運動好きの仲間達で、ニュースポーツのひとつであるインディアカの練習をしておりました。その場にいつもお世話になっている、若林学区体振の渡邊勝利会長さんが見えられて、「ミニテニス」という、東京の立川市で考案された、とても面白いスポーツがあるので、古城のみなさんもぜひやってみませんか、ということになりました。後日、誘われるままに、渡邊会長さんらが練習されておられる、少年院施設内の体育館に行ってみました。

バドミントンコートで、ネット越しにカラフルな風せん玉のような大きなボールを、打ち合っておられました。

私達も早逮ラケットをお借りし、初めてそのやわらかいボールを手にしてみました。会長さん等に手ほどきを受けて、サーブの打ち方や、足の運び方など教わるとおりやってみましたが、これがなかなか思う様にボールコントロールができません。渡邊会長さんの強烈なドライブや、加藤理事長さんの大きく曲がる変化球サーブなどは、全然受けられませんでした。それから2か月程経ったその年の5月に、古城小学校の体育館で、古城体振の仲間達で実技講習会を開き、古城体振ミニテニス部として正式に部が結成され、仙台市内の体育振興会所属としては、一番早いチーム結成をみまして、私達の「第一歩」が始まりました。

古城体振ミニテニス部の現在の部員は、小・中学生を含めて16名です。これからも部員同志の和を大切にし、1部昇進を目指して練習に、試合に頑張りたいと思います。

仙台市ミニテニス協会の更なる発展をお祈りしますとともに、改めて5周年のお祝いを申し上げます。

 

(▲UP▲)