… 吉成ミニテニス同好会 へ ようこそ …

Home吉成MTC練習&行事予定デキゴトロジー仲間たち

 

マ一ブルのご紹介

 

 

 

マ一ブル

部員 蝦名裕子

(仙台市ミニテニス協会5周年記念誌より)

仙台市ミニテニス協会5周年おめでとうございます。

当チーム「マーブル」は、PTA活動で知り合ったミセスTとミセスEのちよっとした会話から始まりました。「PTA活動も一段落したことだし、なにかしたいね」、「運動なんてどうかしら」。このような会話から、テニスなどしたこともない、ましてやミニテニスなどあることも知らない2人がチームを作ってしまいました。巻き込まれた人達は、いい迷惑だったと思います。このようにして結成した当チーム「マーブル」は、平成1O年2月に始まり、今日に至っております。

ミニテニスは、高齢化が進む今日、お年寄りでもできるニュースポーツとして誕生しました。

しかし、カラフルでかわいらしいボールは 時には、激しい動きを必要とし、奥深く魅力的なスポーツです。幅広い年齢層で楽しめ、生涯学習に向いているスボーツなのではないでしょうか。

当チームでもミニテニスを始めたことで「運動が楽しい」、「体調がよい」、「活動が楽しみ」、という声を聞けるのはとても嬉しいことです。メンバーは、まだまだ子育て真っ盛り、フルタイムの仕事あり、家族の介護あり、PTA活動など多岐にわたる活動と共に、ミニテニスを続けることで、ひとりひとりが成長していきたいと考えております。

「マーブル」誕生に当たっては、ミニテニス協会(会長:渡邊勝利)の皆様、ブルーべリー(代表:酒井千恵)の皆様の、ご指導とご協力を頂きましたことを心より御礼申し上げます。そして、我々「マーブル』のメンバーもいつの日か、ミニテニスの魅力を伝えることのできるチームになりたいと思っております。

 

(▲UP▲)