… 吉成ミニテニス同好会 へ ようこそ …

Home吉成MTC練習&行事予定デキゴトロジー仲間たち

 

南小泉体振ミニテニス部のご紹介

 

 

 

二ュースポ一ツの中にミニテニスが有り

代表 阿部勝彦

(仙台市ミニテニス協会5周年記念誌より)

練習は南小泉中学校体育館で金曜日、体育館の横に中学のソフトテニスの練習場があり、片隙からミニテニスの練習を見ている中学生は、「玩具の遊びみたい」と、ぱかにしながらも興味しんしん、ラッケットを貸してやらせると、難しいがおもしろいと言い遊んでいきますが、部に入ろうとはしません。「そのうち見てろよ」と思っています。

今まで3パートぎりぎりの7名しか部員がいませんでした。

始めたころはポンポンとドライブもかけられずに玉と遊んでいて、他チームのカットなどを見ると神業としか思いませんでした。何回か試合に出、またいろいろの方に指導をいただき、少しずつでも形が出来てきた様です。試合慣れは1番大切だと思います。

練習ではあんなにすぱらしい強いドライブサーブや打ち込み、カットが出来るのに、試合では、半分も出せないのです。南小泉のメンバーは皆、心が優しく小心者なのです。しかし、試合の回数を重ねるうちに、勝ち方や駆け引きを覚えて来たようで、でも2部で万年準優勝の南小泉なのです。

しかし、14年度から1部昇進と言うことで、もう南小泉には『勝ち』と言う言葉は無いものと思っています。皆さんあまりいじめないで下さい。今年は口伝えで多くの新部員が入部しました。

長続きするように優しく手を取り足を取り指導しています、?。 敗けを承知で2部の試合にも出そうと思っています。ミニテニスはどんなものか雰囲気を経験させるために、試合で逢った時は優しく御指導をお願いします。ミニテニスが2O年前に出来ていたら、私ももうちょっとさまになっていたのではと、思いつつ、健康維持のため、練習後のビールをおいしく飲むため、練習をしているこのごろです。

 

(▲UP▲)