… 吉成ミニテニス同好会 へ ようこそ …

Home吉成MTC練習&行事予定デキゴトロジー仲間たち

 

七郷ミニテニスのご紹介

 

 

 

七郷ミニテニス

代表 堀江新一郎

(仙台市ミニテニス協会5周年記念誌より)

七郷ミニテニスクラブには、上荒井ミニテニス愛好会と、七郷ミニテニス同好会の2つのサークルがあります。和気藹藹と、運動不足解消のため練習に励んでいます。

上荒井ミニテニスは、毎週火曜日、七郷小学校で練習しています。会員は24名です。平成9年4月に上荒井バドミントンから、ミニテニスに変わりました。夏にはボウリング大会、秋には芋煮会、冬には国分町納会と親睦を図りながら、地区対抗ミニテニス大会の優勝を目指して頑張っています。

また、バドミントン、卓球も地区大会前には、練習して参加しています。大会後の祝勝会(ビール)を目的に汗を流しています。

七郷ミニテニスは、毎週金曜日、七郷市民センターで練習しています。会員は24名です。平成9年12月に、ミニテニス教室受講者で始まりました。狭い会場ながら、笑い声の絶えない楽しいサークルです。ゲーム大会を開催して、練習に変化を持たせています。

また、七郷体振では平成9年度から、地区対抗ミニテニス大会を開催しています。年々、参加者も増え、13年度は1Oチーム70名の参加でした。早く、1OO人規模の大会にしたいと思っています。クラブとしては、勝利よりも楽しむことを優先しているため、平成9年のスポ・レク・フェスタ以来、決勝トーナメントに進出していません。特に、初参加のチームに初白星を献上する、心優しいクラブです。しかし、裾野を広げていくことも大事ですが、強くなることも重要です。それで、今年の4月から日曜ミニテニスを発足させました。技術向上第一のサークルです。1年後の七郷ミニテニスを期待していて下さい。

 

(▲UP▲)