東朋ライオンズ方針

 目的は、

1.野球を通じて人間性・社会性を養い一人の人間としての基礎を磨く

・ 礼儀(あいさつ)、道具の整理整頓 など

・ 色々な方々への感謝な気持を養う(チームメイト・家族・地域の方々・ライバルチーム・etc....)

             思いやりのある子供の育成

2.野球の技術力向上 

・ 上手下手は関係なし、好きな野球をみんなと存分に楽しんでもらう

・ 選手間で競争心をもって野球に取り組む

3.高校野球へ行くため育成

・ 厳しい練習に耐えられる選手

・ 自主性/自立性/集中力をもって取組める選手

・ 坊主頭

・ 野球に対する礼儀作法が行える選手

4.保護者へのお願い

・ 選手・親との役割分担をきちんと守っていただく

・ 選手の健康管理と食生活(体作り)や好き嫌いさせない

 

目標:チームの目標

       全国大会優勝  

 全国へ常に目標を掲げ、選手の意識も常に高くもたせることにより、

 向上心・競争心が芽生え、自立する心が芽生え、常に物事を考えて行動できる選手となる。

 

ライオンズ3か条

   からだがなければ、いくら振っても打球が外野を越えない。

        からだがなければ、技術も向上しない。ご飯の量を増やすこと。

 

「自分に勝つ」努力をする。試合に勝つ前に、己に勝つ。言われているうちはわからないだろうけど、人前だけ一生懸命やっても、能力のない者  は上手くいかないように世の中は出来ている。練習では誰もが同じだけ頑張っている。練習後や、家での努力、人が見ていないところでの努力を何よりも大切にすること。


  人間の基礎基本を大切にすること。
   人間の基礎基本とは「よく食べ、よく学び、よく眠る」こと。野球の技術なら走ること、バットを振ること、投げること。どんなことでも基礎基本が大切。最 

   も大切なのは「感謝の心」。何よりも好きなだけ野球をやらせてくれる親に感謝すること。
   そして「挨拶・返事・整理整頓」。勉強や宿題もおろそかにしてはいけない。性格の裏と表の差が大きい者が大切な場面で必ずと言っていいほどミス

   をする。